Instagramに載せる前に!iPhoneの写真アプリでできるフィルターのかけ方・種類

写真の撮り方

今回の内容

こんにちは!PhotoLifeBlogのYokeです。

iPhoneの写真アプリでも簡単に写真にフィルターかけたり編集できるって知っていましたか?

今回は写真アプリを使って、iPhoneで簡単におしゃれな写真を作る方法について解説します!SNSにアップする前に是非試してみてください。

写真アプリの純正フィルターのかけ方

やり方はとても簡単です。

まずはフィルターをかけたい写真を写真アプリで表示します。

右上の『編集』をタップ。

こんな画面に飛ぶのでフィルターをタップ。

様々なフィルターが出てきます。

あとは選ぶだけでとても簡単です。

好きなのを選んで右上のチェックをタップすると保存できます。

『元に戻す』でオリジナルに戻すこともできます。

写真アプリの純正フィルターの種類

純正フィルターは次の9つ。

  • ビビッド
  • ビビッド(暖かい)
  • ビビッド(冷たい)
  • ドラマチック
  • ドラマチック(暖かい)
  • ドラマチック(冷たい)
  • モノ
  • シルバートーン
  • ノアール

ビビッド

ビビッドというのは、よく『鮮やかな色』と表現されます。

色の3属性(HSL: hue, saturation, lightness / 色相, 彩度, 明度)でいうと、中程度の明度と高い彩度で表されるトーンです。

このフィルターは写真中のそれぞれのカラーの彩度を上げる効果を持っています。黄色の中でも真っ黄色とか青の中でも真っ青、赤の中でも真っ赤で思い出すような色です。

とても生き生きとした印象を与える効果を持っていますが強調する色なので使いすぎには要注意。

女性の唇なんかも綺麗に仕上げてくれるのでポートレートでも相性が良いフィルターです。発色から食べ物の写真にも相性良いです。

ビビッド(暖かい)

ビビッド(暖かい)はさっきのビビッドと基本は同じです。

通常のビビッドと比べて『色温度』を高く仕上げてくれるので、暖かい印象になります。

全体的に赤みがかる感じです。

夕暮れなんかの雰囲気に似てとても気持ちの良い印象です。

ビビッド(冷たい)

ビビッド(冷たい)はさっきのビビッドと基本は同じです。

通常のビビッドとは違って『色温度』を低く仕上げてくれるので、冷たい印象になります。

全体的に青みがかる感じです。

ドラマチック

直訳すると『劇的な』という意味ですが、このフィルターの場合少しニュアンスが異なります。

ビビッドと比べ彩度を一段階おとすようなフィルターのため少しばかり色あせた雰囲気の写真に仕上がります。

落ち着いた印象を与えてくれるフィルターなので、カフェや町並みスナップなどおしゃれな写真に向いています。

ドラマチック(暖かい)

ドラマチックにも『暖かい』と『冷たい』があります。

ビビッドと同じように色温度の違いです。

ドラマチック(冷たい)

ドラマチックの色温度を青よりにしたものです。

とてもクールな印象に。

モノ

モノはわかりやすいですよね。

彩度を0にして、色味をなくしたものです。

シルバートーン

シルバートーンはモノの色温度を上げたもの。

渋みの中に暖かみを感じられる作風に。

ノワール

ノワールはモノの色温度を低くしたもの。

渋いモノを更にクールに仕上げてくれます。

終わりに

いかがでしたか。

純正の写真アプリにもこれだけのフィルターが揃っていたんですね。

基本的なフィルターは扱えるので、SNSのアップ前に少し調整するだけでも、とても印象の違った写真になりそうです。

是非それぞれのフィルターの特徴を抑えて使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました