【Lightroom】Instagramで魅せるティール&オレンジで映画のようなレタッチを

今回の内容

こんにちは!PhotoLifeBlogのYokeです。

今回はLightroomの人気レタッチの1つ、『ティール&オレンジ』について。英語で書くと『Teal & Orange』。映画っぽく、雰囲気のある写真に仕上げる面白いレタッチ術です。

Instagramでも魅せられること間違いないこのレタッチ術。分かりやすく解説していきます。

ティール&オレンジとは

まずはティール&オレンジのイメージから。

ティール&オレンジの調整は色調の調整です。

ティールは雑に言うと青緑、オレンジはオレンジ。補色関係にあるこの2色を強調させて、写真に深みを付加する感覚です。

操作としては

ハイライト部分にオレンジを、シャドウ部分にティールを追加します。

BeforeAfterの例をひとつ。

before
after

Lightroomでのカラーグレーディング

実際のLightroomでの操作に移りましょ。

使うのは右側『カラーグレーディング』。

左下の『シャドウ』、右下の『ハイライト』を触ります。

シャドウの真ん中の○をちょっと青緑に寄せて、シャドウ部分にティールを追加。
ハイライトの真ん中の○をちょっとオレンジ側に寄せて、ハイライト部分にオレンジを追加。

これでOKです。

LightroomでのHSL/カラー

カラーグレーディングの操作だけでも十分ティール&オレンジの特徴を生かした表現が出来ますが、『HSL/カラー』を使ってもう少し現像しましょ。

HSLは、Hue/Saturation/Lightness。左から色相/彩度/輝度。

  • 色相:色合い。色相環がわかりやすい。
  • 彩度:鮮やかさ。全部『0』にすると白黒になる。
  • 輝度:明るさ。上げると明るく軽い印象に。

今回特に『色相』使います。

ティール&オレンジはティールとオレンジの補色関係を使ったレタッチなので、ティールとオレンジ周辺の色相をこの2つに寄せていきます。

ではまずレッドから。HSL/カラーのところを見てください。色相をオレンジ寄りにちょっと変えます。

イエローもちょっと変更。

グリーンとブルーもちょっと変えて、

出来上がり!

終わりに

いかがでしたか。

ティール&オレンジは大好きなレタッチです。

ただやりすぎるとクドくなっちゃいますので注意。自分の好みの範囲内で、あまり補色に囚われすぎずに、自分の好きな色合いに持っていってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました