【Photoshop】『空を置き換え』機能で簡単に空を変える

Photoshop

今回の内容

こんにちは!PhotoLifeBlogのYokeです。

Youtube見てたら広告で出てきましたPhotoshopの『空を置き換え』機能。とてもおもしろかったのでやり方解説します。びっくりするくらい簡単です。

とりあえずBefore afterを。

空を置き換え

まずは『編集』クリック。そして真ん中下に『空を置き換え』があるのでそれをクリック。

するとこれが出てきます。

赤枠のところをクリックすると

いろんな空が出てきます。

お好きなのを選んで、、、終わり!

嘘でしょ?

設定とオプション

Adobe Senseiがマスクと合成を行ってくれるので、作業としてはめちゃくちゃ簡単です。置き換えたい空は自分で追加も出来るみたいなので、自由度も高いですね。

もうちょっと調整出来るみたいなので、それぞれのオプションの内容をAdobeのサイト引用しておきます。

エッジをシフト:空と元の画像との境界の開始位置を指定します。

エッジをフェード:エッジに沿って空画像から元の写真へのフェードまたはぼかしの度合いを設定します。

明るさ:空の明るさを調整します。

色温度:色温度を暖色寄りまたは寒色寄りに調整します。

拡大・縮小:空の画像のサイズを変更します。

反転:空の画像を水平方向に反転します。

照明モード:調整に使用する描画モードを指定します。

照明の調整:空とブレンドするメイン画像を明るくしたり暗くしたりする不透明度スライダーです。0 に設定すると、調整は行われません。

カラー調整:前景と空のカラーの調和の強さを指定する不透明度スライダーです。0 に設定すると、調整は行われません。

出力:画像に対する変更を新規レイヤー(マスクを含む名前付きレイヤーグループ)またはレイヤーを複製(単一の統合されたレイヤー)のどちらに配置するかを選択できます。

終わりに

いかがでしたか。

Adobe Senseiのおかげでめちゃくちゃ簡単に空の置き換えができました。

ぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました