【Photoshop】選択ツールについて解説【オブジェクト、クイック、自動】

Photoshop

今回の内容

こんにちは!PhotoLifeBlogのYokeです。

たぶん初心者最初の難関、『選択ツール』。『長方形選択ツール』とか『なげなわ選択ツール』とか『オブジェクト選択ツール』とか色々あって何が違うんだ、、

今回はPhotoshopの選択ツールの中でも『オブジェクト』、『クイック』、『自動』選択ツールの3種類について解説します!

『長方形選択ツール』とか『多角形選択ツール』みたいに自分の手を動かしてぐりぐり選択範囲を囲うというよりも、Adobe Senseiが手助けして自動でやってくれるめちゃくちゃ簡単な選択ツールというイメージ。技術の進歩さまさまです。

ハイパー簡単お助けツールなので是非(^^)。

↓もみてね!

選択ツールって何するの?

まず概要をAdobeのページから引用すると、こんな感じです。

『選択とは、画像の一部だけを編集するために、その領域を分離する方法』

主にこんな理由で使うよう。

  • フィルターなどのエフェクトを選択範囲に適用して、画像の一部の外観を変更する。
  • 選択した領域の明るさやカラーを補正して、写真の一部を調整する。
  • 元の背景を選択して削除し、別の背景に置き換える。
  • 選択したコンテンツをコピーまたは移動するなどして画像の一部を操作する。

、、なるほど。

写真の中の調整とか修正したい部分を加工出来るように対象にとることを『選択』するっていうみたい。

複雑なものを選択する作業がメチャクチャ簡単になるツールが今回の『オブジェクト選択ツール』、『クイック選択ツール』、『自動選択ツール』です。

オブジェクト選択ツール

オブジェクト選択ツールは、人でも車でも選択したいところをとても簡単に選択する手助けをしてくれます。

このツールは、コントラストのない領域よりも、明確に定義されたオブジェクトの方が効果的に操作できます。

場所はここ赤枠。

右クリックすると選べます。

あとは選択したいところを囲うだけですが、ここで便利なのが『モード』。

長方形となげなわを選べます。

どちらでも良いので、車をサッと囲うと、

Adobe Senseiが勝手に考えて被写体を選択してくれます。白の点々で囲われているところです。

笑えるぐらい簡単です。

簡単すぎたので色変えてみました。

色の変え方はこれ見てね。

クイック自動選択ツール

次は『クイック選択ツール』。

クイック選択ツールを使用すると、選択範囲をすばやく「ペイント」するようなイメージで選択できます。マウスをドラッグすると、画像内で定義された境界線を自動的に見つけてくれます。

こんな感じで選択して、

ドラッグして選択範囲を広げる感じ。

境界はある程度自動で決めてくれるので、囲いたいところまでドラッグするだけだけたメチャクチャ簡単でした。

自動選択ツール

最後に自動選択ツール。

自動選択ツールを使用すると、輪郭をトレースしなくても、画像内で同じようなカラーが付いている範囲(赤い花など)を選択できます。

こういうシルエットとかとてもやりやすいです。

黒いとことでポンとクリックすると

こうなります。

このツールはこのチュートリアル記事でも使ったよ!

おわりに

今回の、『オブジェクト選択ツール』、『クイック選択ツール』、『自動選択ツール』はAdobe SenseiのAIのおかげで、細々とした選択作業をメチャクチャ簡単にしてくれるツールでした。

それぞれの画像でどれが使いやすいかは変わると思うので、是非試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました