【Photoshop】選択ツールについて解説【なげなわ、多角形、マグネット】

Photoshop

今回の内容

こんにちは!PhotoLifeBlogのYokeです。

最近Photoshopにハマっています。

たぶん初心者最初の難関、『選択ツール』。『長方形選択ツール』とか『なげなわ選択ツール』とか『オブジェクト選択ツール』とか色々あって何が違うんだ、、

今回はPhotoshopの選択ツールの中でも『なげなわ』、『多角形』、『マグネット』の3種類について解説します!

↓もみてね!

選択ツールって何するの?

まず概要をAdobeのページから引用すると、こんな感じです。

『選択とは、画像の一部だけを編集するために、その領域を分離する方法』

主にこんな理由で使うよう。

  • フィルターなどのエフェクトを選択範囲に適用して、画像の一部の外観を変更する。
  • 選択した領域の明るさやカラーを補正して、写真の一部を調整する。
  • 元の背景を選択して削除し、別の背景に置き換える。
  • 選択したコンテンツをコピーまたは移動するなどして画像の一部を操作する。

、、なるほど。

写真の中の調整とか修正したい部分を加工出来るように対象にとることを『選択』するっていうみたい。

なげなわツール

最初は『なげなわツール』。

一筆描きの要領でドラッグして選択範囲を指定したいときに使用します。

まずは赤枠を右クリック。

『なげなわツール』を選びます。

ドラッグの要領で一筆書き!

拡大してからやると簡単です。

Macの場合

ズームイン:command + +(テンキーの上の+)またはcommand + ;
ズームアウト:command + -(テンキーの上のー)またはcommand + -(ハイフン)

Windowsの場合

ズームイン:control + +(テンキーの上の+)またはcontrol + ;
ズームアウト:control + -(テンキーの上のー)またはcontrol + -(ハイフン)

手書きなのでちょっと細かいところは難しいですが、ざっとで良ければこれで簡単に選択できちゃいます。

『マスクを追加』してみるとこんな感じ。

『なげなわツール』の便利なところは、他の選択ツールとの組み合わせだったりもします!

このあとも出てくるのでイメージ覚えときましょ。

多角形選択ツール

次は多角形選択ツール。クリックしながら、直線で選択範囲を指定したいときに使用します。

カクカクしているものを選択するときに使いやすいです。

先程の場所の上から2つ目です。

選択のしかたはこんな感じ。

最終的にこんな感じで星を型どれました。

ついでに金色にしてやりました。

色の変え方はこれ↓見てみてください!

マグネット選択ツール

最後にマグネット選択ツール。コントラストが強く、背景と対象物の境界がはっきりしている場合に使用すると便利です。

この写真の葉っぱをかたどってみます。

上から3つ目です。

選択したらあとは葉っぱの形に沿ってドラッグ。


やってみると分かりますがなんかにょきにょきして面白いですね。

微調整

『多角形選択ツール』や『マグネット選択ツール』を使うと、微妙に選択範囲が思い通りに行かないことがあります。

赤枠みたいな感じ。もうちょっと範囲を絞り込みたいです。

これを調整したいときに役立つのが最初に紹介した『なげなわツール』。

マグネット選択ツールで範囲選択したあとにもう一度なげなわツールを選択します。

そこで”option(alt)”を押しながら選択範囲から解除したいところを囲います。

するとこんな風になりました。

逆に”shift”を押しながら囲うことで、選択範囲を追加することができます。

“option(alt)”:選択範囲の解除
“shift”:選択範囲の追加

終わりに

いかがでしたか。基本的な選択ツールの3つを解説しました。

うまく範囲を選択してその後の切り抜きやカラー補正を楽しんでいきましょ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました