【Photoshop】(スポット)修復ブラシツール【シミ消し、レンズゴミ消し】

今回の内容

こんにちは!PhotoLifeBlogのYokeです。

ほくろやシミ、ゴミに限らず写真から消したいものってありますよね。

今回はLightroomを使って、簡単に修正をかけるやり方を紹介します。

まずは鼻の横の黒子についてBefore afterを。

before
after

修復ブラシツール

Photoshopの修復ブラシツールを使っていきます。

まずはここの赤枠をクリック。

下の赤枠をクリックすると

この画面でブラシの調整をできます。基本的に直径を変えるだけでOK!

ここでブラシツールの仕組みを1つ。

修復ブラシツールではまず『option(alt)』+『クリック』で黒子の場所に上書きしたいポイントを選びます(サンプルスポットの指定)。その後黒子の上でクリックすることで、先に選んだ場所が上書きされるイメージです。

『修復』というだけあって、周りと馴染むように修正してくれます。

ではまず、適当にポイントを『option(alt)』+『クリック』。

その後、黒子の上でクリックします。

これだけで完成です!

スポット修復ブラシツール

次は『スポット』修復ブラシツール。

ここで右クリックしてください。

こんな表示が出てきます。

修復ブラシツールと『スポット』修復ブラシツールの最大の違いは、『サンプルスポットの指定』をしなくて良いところです。

スポット修復ブラシではレタッチ領域の周りから自動的にサンプルが採取されます。

そのため、作業としてはスポット修復ブラシツールを選択したあとに適切なブラシのサイズを選び、黒子の上でクリックするだけ。

簡単です。

終わりに

いかがでしたか。

とても簡単に修正できました。

LightroomやLightroom mobileでの修正方法も記事にしているのでぜひ見てみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました