【レンズの選び方】初めてカメラを買った人必見!Sony Eマウント APS-Cおすすめレンズ3選!

今回の内容

yoke
yoke

SonyのEマウント、APS-Cサイズのミラーレスカメラって

α6400やα6600を筆頭にとても人気だよね。

こんにちは!PhotoLifeBlogのYokeです。

今回は初めてAPS-C用レンズ購入を考えている方へ!おすすめをまとめましたので、是非購入の参考にしてください。

あまり細かい仕様を並べてもややこしいので、

  • 『焦点距離』
  • 『開放F値』
  • 『公式価格』
  • 『重さ』

を参考に載せておくので、是非読んでみてください。

レンズの選び方について他にも初心者向け記事書いてるので、そちらも是非!

https://photolifeblog.com/category/レンズの選び方/

ポートレートならこれ!〜SEL50F18~

まずはこれですね。SEL50F18

yoke
yoke

言わずと知れたソニーの撒き餌レンズだ。

焦点距離は50mmなのでフルサイズ換算で75mm。開放F値は1.8のとても明るい単焦点レンズです。

  • 『焦点距離』:50mm(フルサイズ換算75mm)
  • 『開放F値』:1.8
  • 『公式価格』:希望小売価格38,500円(税込)
  • 『重さ』:202g

人やペットを撮るポートレートにちょうど良いです。少しばかり写る範囲は狭くなりますがそこは自分が後ろに下がりましょう!

オートフォーカス対応、レンズ内手ぶれ補正あり値段的にも流石撒き餌レンズというくらいの価格になっていますので是非ソニー公式のαカフェの写真を参考してみてください。

ちなみにフルサイズ用の撒き餌レンズSEL50F18Fというものもあります。
APS-Cカメラに付ける際は焦点距離75mmになるのは一緒ですね。

フルサイズ機にも付けられることから今後フルサイズの導入を検討している方はこちらも良いかもしれません。値段や重さなど、是非比較の対象にしてみてください。

SEL50F1.8 F値1.8

旅行に最適!〜Sigma Contemporary 16mm F1.4 DC DN〜

次はシグマのSigma Contemporary 16mm F1.4 DC DNです。このレンズはソニー純正ではなくサードパーティーのシグマがEマウント用に販売しているレンズです。

  • 『焦点距離』:16mm(フルサイズ換算24mm)
  • 『開放F値』:1.4
  • 『公式価格』:希望小売価格62,700円(税込)
  • 『重さ』:405g

サードパーティ製と聞くと少し不安になる方もいるかもしれませんがご心配なく、めちゃくちゃ良いんですこのレンズ。

まずは焦点距離16mm(フルサイズ換算24mm)のとても広角の単焦点であり、開放F値は1.4ととても明るいレンズになります。

重さ405gほどありますがまぁまぁ、旅行の時は記念写真として背景も広く写せますし、自撮りしたときにも広く写せるのでしっかり入ります!また開放F値が1.4まで行けるので、観光地の少々暗いところでもiso感度を出来るだけ抑えて撮影できますよね。

Sigma 16mm F1.4 DC DN フルサイズ換算24mm

描写力の評判も抜群です。少しだけお値段しますが、その分の感動を味わえると思いますよ。

是非ヨドバシカメラさんの作例見てみてくださいね!

オールラウンド めちゃくちゃ便利!〜SEL1655G〜

最後に紹介するのはソニーEマウントAPS−Cレンズ待望の標準ズーム、SEL1655Gです。

  • 『焦点距離』:16-55mm(フルサイズ換算24-82.5mm)
  • 『開放F値』:2.8
  • 『公式価格』:希望小売価格168,300円(税込)
  • 『重さ』:494g

焦点距離16〜55mm(フルサイズ換算24〜82.5mm)と非常に使いやすい標準域をしっかりカバーしていて、開放F値も変動なしの2.8通しなんですね。

2019年10月11日に発売されたのですが、F値2.8通しのソニーAPS-C標準ズームはそれまで他になく、待っている方は非常に多かったと思います。

ソニーの純正レンズには、最上位レンズモデルにGM(G Master)レンズが有り、その次にGレンズ、カールツァイスレンズが位置し、最後に無印レンズがラインナップされているんですね。

APS-CのレンズだとGMレンズはまだありませんので、Gレンズが最上位となります。

上位モデルになるため初めてのレンズとしては値段がある程度するものの、使い勝手や撮れる写真からますます写真を好きにさせてくれるレンズだと思います。

とにかくいろんな写真に挑戦したい!値段も大丈夫!という方には是非おすすめですので、αカフェの写真を参考にしてみてくださいね。

まとめ

2種類の値段を抑えた単焦点レンズと1本の便利ズームを紹介しました。人それぞれの目的とする写真があるでしょうから欲しくなるレンズスペックも様々だと思います。レンズ購入って考えているときとても楽しいですよね。

中古にもいっぱい出回っていると思うので、ぜひ目的に沿ったものになっていれば検討してみてくださいね。

【写真の撮り方】映えるためのカメラの設定・撮り方【背景をぼかす】
こんにちは!PhotoLifeBlogのYokeです。今回はカメラとスマホの大きな違いである「自然なボケ」にこだわって、初めての方も背景がボケた、見ててなんかそれっぽいと思えるようなテクニックをお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました