【Lightroom】RawとかRaw現像って何?分かりやすく解説します!

Lightroom

今回の内容

こんにちは!PhotoLifeBlogのYokeです。

Raw現像という言葉について、写真を趣味にすると目にするようになります。今回はそんなRawとRaw現像について、簡単に解説します。

これ覚えると写真がまた何倍も楽しくなります。

Rawって? jpegとの違い

まずRawは「生」、「未加工」という意味らしいです。一眼カメラのメニューから「ファイル形式」という所を見てみてください。

  • 『jpeg』
  • 『Raw』

を選べるようになっています。つまり、『カメラでいうRawとは写真ファイルの保存形式のこと』になります。

jpegは聞き馴染みありますよね。よく○○.jpgという拡張子になっている写真ファイルを見ます。それに対しRawデータの拡張子はカメラメーカーによって様々です。メーカーの独自規格です。

Canon:cr2, cr3
Nikon:nrf
Sony:arw, sr2
OLYMPUS:orf
Panasonic:rw2
Fuji film:raf

Rawデータは大雑把な意味合いで『写真を撮ったとき一番最初に生成されるデータ』です。写真のファイル形式を『Raw』にしておけば、そのとき撮った写真のデータがそのまま文字通り未加工のデータとして保存されます。

あれ、じゃあ『jpeg』を選択するとどうなるんだろうと思いますよね。

保存形式をjpegにすると、撮った写真にカメラが自動で色調補正処理をかけます。そしてカメラが色味を作り上げた後に圧縮を行い、○○.jpgとして保存されます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9086c0d65c035fb3e93d666207726181-1024x565.png

つまり、カメラでのjpeg保存は『撮った写真の色味などの調整は全部カメラに任せるよ』です。

カメラの画素や設定にもよると思いますが、Rawファイルは未加工なので数十MBの容量があるのに対し、jpegファイルは数MBの容量です。

『Rawデータ』 = 『未加工データ』

Raw現像

Raw現像というのは『自分で色調補正処理する』ことを言います。

Raw現像後にjpegなどに変換してSNSアップするような感じです。

Rawの特徴はデータが未加工なので、その分容量も大きいという事でした。そのためメリットとして、自分で編集ソフト(Lightroomなど)を使って現像するときに、調整する余地がめちゃくちゃ残っています。

jpegはデータが小さいので、あまり調整する余地がありません。

Rawデータ = 大きく調整可能
jpegデータ = あまり調整できない

  • 全体の明るさを明るくする
  • コントラストを上げる
  • ホワイトバランスを調整する
  • トーンカーブを調整するなどなど

自分が思う映える写真に現像できます。

撮影で少し失敗したと思っても、後からの処理で挽回できるかもしれません。初心者の私にとってはこれがとても嬉しくて、せっかく旅行に行って写真撮ったのに設定失敗して微妙、、というリスクを避けることができます。

この写真みたいに逆行で顔が見えなくなってしまっても、

逆光で被写体が暗くなってしまった写真
現像(編集)後

こんなふうに顔見えるように現像したりして。
特に修正箇所がなければそのままJPEGにしてしまえば良いですしね。

デメリットとしては

  • 写真1枚あたりの容量が大きくなる
  • JPEGへの変換作業が必要
  • 編集ソフトが必要
  • パソコンに編集ソフトがなければ開けない

といったところ。RawファイルはそのままSNSでは使えない形式なのですが、各カメラメーカーからRaw現像ソフトが配布されています。

またAdobeからも『Lightroom』という全メーカー対応のRaw現像・写真管理ソフトが出てますので、とてもおすすめです。

jpegのメリットも少し

では写真を撮るときにjpegで保存することにメリットはないのかと気になります。

jpeg撮影のメリットはなんといってもフットワークの軽さです。

jpegはとても汎用的で大抵の機器で取り扱いできるデータ形式ですので、Wifi対応のカメラであればそのまま携帯に送ってSNSに投稿することもできますし、そのまま写真を友達にあげることもできます。

容量も小さいので取り扱いしやすいですしね。

Rawほど後から調整や修正をかけることはできませんが、このメリットとデメリットを理解してうまく使い分けてほしいです。

まとめ

Rawでの保存は、

  • 後から自分で写真を調整(Raw現像)するために行う
  • jpegに自分で変換する必要あり
  • 容量が大きいので注意

jpegでの保存は

  • 後から調整することは難しい
  • すぐにSNSや友達にあげられる

状況による使い分けが必要なのでどっちかだけで良いなんで事はありません。Raw現像、とっても楽しいですよ。興味湧いた方は是非調べてみてくださいね!

【Lightroom mobile】iPhone・スマホでもっと映える!Raw撮影【写真映え】
こんにちは!PhotoLifeBlogのYokeです。今回はスマホでもっと綺麗な、美しい写真が撮りたいという方へ。『Lightroom Mobile』というアプリを使った写真撮影について紹介します。このアプリではRaw撮影やRaw現像ができ、簡単に自分の写真をよりきれいなものにすることが出来ます。
【Lightroom mobile】iPhone・スマホで映える!編集おすすめ3選【これだけで写真が変わる】
こんにちは!PhotoLifeBlogのYokeです。『Lightroom Mobile』は写真編集ソフトの中でもとてもメジャーなAdobeのソフト『Lightroom』のmobile版です。編集の仕方について、特にこれだけでも知っておくと便利!という3つの編集機能を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました