【カメラ機器】レンズフードの大切な役割2つ(+α)を紹介!

今回の内容

こんにちは!PhotoLifeBlogのYoです。

カメラのレンズに付いてくるレンズフード。いったいなんのためにあるのでしょう。

実は意外と大事な役割を持っています。付けておいて全く損はありません。

今回はそんなレンズフードの紹介です。

レンズフードの役割

レンズフードの役割を大きくまとめるとこのような感じ。

フレア・ゴーストを防ぐ

物理的にレンズを守る

(かっこいい)

個人的には3のかっこいいもとても大事な役割です(笑)
気分はプロカメラマンですから。

1つずつ見ていきましょう。

フレア・ゴーストを防ぐ

下の写真を見てください。

光源の周辺が白くぼやけている、これがフレアです。
人物の背中側の光の輪、これがゴーストと呼ばれるものです。

この写真自体はフレアやゴーストを生かして雰囲気のある写真に見えます。

しかし光源を写真の外に外した場合、意図しない状態での映り込みはとても困ります。

レンズフードは写真の外の部分からの強烈な光の入り込みを防止してくれるんですね。
(注:光源を直接撮った場合のフレアやゴーストはレンズフードでは防げません)

最近のレンズには特殊コーティングが施されているので、なかなかフレアやゴーストは発生しにくい用になっているのですが、西日の強い夕方の撮影や、光源が多数ある夜の街中での撮影のときは強い見方になってくれると思います。

形は花形と円筒形が一般的です。望遠レンズは写真の映る範囲が狭いので、より外からの光が入らないよう円筒形の眺めのフードだったりします。

物理的にレンズを守る

またレンズフードにはレンズを保護する役割もあります。

レンズ自体とても値段が高いものです。落としたりぶつけたりすることでレンズを割でもしたら大変。

持って歩くと分かるんですけど、意外とカメラってぶつけてしまうんですよね。

またふとレンズの表面に触ってしまい、指紋がついてしまうことも避けることができます。

保護フィルターと合わせて用意出来るととても安心です。

レンズに合ったフードを

レンズフードは基本的にレンズと純正品のレンズフードの1対1です。

とても人気のレンズであればサードパーティー製のものもあります。

サードパーティ製のものを購入される際は是非自分のレンズに互換性があるか確認してから購入しましょう。

筒が短すぎれば効果が期待できませんし、筒が長すぎれば写真にフードが写ってしまいます(ケラレ)ので注意です。

まとめ

レンズフードの意外な役割、いかがでしたか。

フレアやゴーストも防げますし、レンズも守ってくれる。その上なんかプロっぽい雰囲気も味わえて一石三鳥ですね。

もともとレンズを購入したときに付属していることも多いかと思います。付いていなかった人は是非この機会に自分のレンズに合ったものの購入を検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました