【レンズの選び方】単焦点レンズ【レンズスペックシリーズ】

初心者講座

今回の内容

Yoke
Yoke

単焦点レンズってなんだろう

今回のキーワードは

単焦点レンズ

について。

レンス選びや作例を見るときに分かりやすくなるよう解説します。

単焦点レンズの基本

単焦点レンズとは簡単に言うと

焦点距離が1点しかないレンズ

のことを言います。

そのため単焦点レンズはズームできません。

Yoke
Yoke

画角調整は自分で動いてするんだね

単焦点レンズのメリット

ズームできなくて不便な単焦点レンズですが、しっかりと人気になる理由があります。

まず

開放F値がとても小さく、明るいものが多い

そして

安いものが多い

さらに

写真が上手くなる

という事です。

単焦点レンズの開放F値

ズームレンズの開放F値は2.8で立派なお高いレンズです。

それに比べて単焦点レンズは開放F値1.8や1.4がごろごろしてます。

Sigma 16mm F1.4 DC DN F値1.4
SEL50F1.8 F値1.8

Yoke
Yoke

開放F値が小さければそれだけ暗い所でも撮りやすいし

背景をボケさせるのも簡単にできるね

単焦点レンズの値段

ズームレンズで開放F値2.8通し※のレンズであれば、大三元レンズと呼ばれとても高くなります。

※どの焦点距離でも開放F値2.8で撮れること

例えば、ソニーEマウントだと、フルサイズ用レンズで

  • SEL1635GM    希望小売価格:267500円+税
  • SEL2470GM    希望小売価格:278000円+税
  • SEL70200GM   希望小売価格:330000円+税
  •  ※2020年9月12日時点

APS−C用レンズでも

  • SEL1655G     希望小売価格:153000円+税
  •  ※2020年9月12日時点

それ以外のズームレンズは安いけど、開放F値3.5など暗いものが多く、さらに焦点距離によって開放F値が変動してしまうものが多いです。

Yoke
Yoke

撒き餌レンズだったら3万円以下で買えるよ

写真が上手くなる

また単焦点レンズを使うと写真が上手くなると言われています。

ズームレンズみたいにその場所で焦点距離を調整して画角を決めることができず、自分で動き回って画角を考えるかららしいです。

Yoke
Yoke

動き回って色んな画角から撮ってみるのが大事みたい

まとめ

いかがでしたか。

撒き餌レンズも単焦点が多いように、初心者の方が初めて買うレンズとして単焦点レンズはとてもおすすめです。

細かく言えば一般的に単焦点レンズの方が画質も良いことが多いようです。

自分の好きな焦点距離を探していくのも、また楽しみの一つです。

【背景のボケた写真を撮りたい】おすすめ撒き餌レンズの紹介【Sony】
初めてカメラは買ったものの、キットレンズを使い続けている方も多いかと思います。今回はSonyから「撒き餌レンズ」と呼ばれる初めてのレンズ購入におすすめのレンズを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました